Adsense Manegerの代わりにAdSense Plugin WP QUADSを使おう!設定と使い方

『え?AdSense Manager使えなくなってる・・?!』

有名なプラグインが使用不能になり、困惑された方も多いのではないでしょうか?

アドセンス広告を記事内に埋め込むプラグインといえばAdsense Manegerでしたが・・

実は5年も更新されておらず、エラーが発生したり使えなくなっているようです。

(以前からのユーザーは問題無いようですが、これから利用する方は使えない様子)

 

「じゃあAdSense Manager使えない人はどうするの!?」となりますが・・ご安心を!

代替え案として注目されているのがAdSense Plugin WP QUADSです!

 

今回はAdSense Plugin WP QUADSの設定方法をご紹介します。

やってみると5分くらいで終わり、とても簡単なので、ぜひ設定しておきましょう♪

(実際やって思ったのですがAdSense Plugin WP QUADSの方が良かったです^^!)

 

 

まずAdSense Plugin WP QUADSのインストール

プラグイン検索でAdSense Plugin WP QUADSをインストール。

そして有効化します。

(プラグインのインストール→有効化までの一連の流れについてはこちらの記事で)

 

 

AdSense Plugin WP QUADSの設定

ワードプレスダッシュボード画面の「WP QUADS」にマウスオン。

そうしたら「Ad Settings」をクリックしてください

 

 

次に「AD CODE」→「AD 1」をクリックしてください。

 

 

①「Plain Text」が選択されていることを確認

②グーグルアドセンスのコードを貼り付ける

③レイアウトは中央を選択

④入力が終わったら「変更を保存」をクリック

補足

②のアドセンスコードを貼る時に上部に「スポンサーリンク<br />」を付け足すと良いです。そうすると広告の上に「スポンサーリンク」の表記が自動追加されるので、毎回入力する手間が省けます(上の画像参照)

③で中央を選ぶことによって広告が「中央揃え」で配置されます。左に寄ったり右に寄ったりしないのでキレイに収まります。

 

 

実際の使い方

先程までの設定で準備は一通り整いました。

今度は実際の使い方です。

非常に簡単なのでぜひ真似してみてください。

まず記事作成画面のテキストエディタを開いてください

そうすると「Ads1」というボタンが追加されています。

Ads1をクリックすると文章内に <!–Ads1–> が加わります。

 

 

これで記事画面を見てみると・・・ちゃんと広告が表示されていますね。

このようにテキストエディタで「Ads1」をクリックすると、好きな所に広告が表示できます。

 

 

ビジュアルエディタで1ボタンで入力するには

さっきまでの方法で広告は表示できるようになりました。

ただ「テキストエディタにいちいち切り替えて入力するのが面倒だ!」という人もいると思います。

ビジュアルエディター派の人は面倒に感じると思います(僕もビジュアルエディターで記事作成するのでちょっと面倒に感じました^^;)

その場合はこの方法を導入してください。

AddQuicktagというプラグインと併用することで、ビジュアルエディタから1ボタンで広告設置できるようになります。

AdSense Plugin WP QUADSの設定過程で下の画像のような画面がありましたね。

↓ AdSense Plugin WP QUADSの設定画面画像

 

画像赤枠で囲っている部分にコードがあります。

このコードをAddQuicktagというプラグインに入力していきます。

 

 

①任意のボタン名(アドセンスのボタンだと分かりやすいものにする)

AdSense Plugin WP QUADSのコードを貼り付ける

右端の枠にチェックをいれる

④「変更を保存」をクリック

↓ AddQuicktagの設定画面画像

Add Quicktagの使い方についてはコチラ → AddQuicktagの設定、使い方

 

 

そうするとビジュアルエディタに「Quicktags」というボタンが追加されます。

ボタンをクリックすると、さきほどAddQuicktagで設定したボタン名が表示されますので、それをクリックしましょう。

 

 

ボタンをクリックすると [quads id=1] が文章内に追加されました。

これでプレビューを見てみると・・・

 

 

きちんと広告が追加されていました。

このようにAddQuicktagのプラグインと組み合わせることで、ビジュアルエディタからワンボタンで広告を設置できるようになります。

 

 

【まとめ】

AdSense Plugin WP QUADSを使えばとても簡単に広告を設置できます。

以前までアドセンスのプラグインといえばアドセンスマネージャーでしたが、最近では更新もストップされ、いつ使えなくなるか分かりませんのでAdSense Plugin WP QUADSの方が良いですね。

AdSense Plugin WP QUADSは割と頻繁に更新されているので安心です。

アドセンスマネージャーが使えなくて悩んでいる人はAdSense Plugin WP QUADSの方が良いですよ~^^

これからアドセンスを簡単に設置するプラグインを導入する方はAdSense Plugin WP QUADSがオススメです!

趣味ブログで理想の人生創りませんか? 【登録特典】『月収10万円ブログまでの歩き方』プレゼント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ツッキーです。 9年間美容師をしておりました。 良いお客様に恵まれやりがいを感じておりましたが、手取り約15万円で時間的余裕もないことに「このさきどうなるのだろう…」と恐怖感じ、脱美容師を決意。 会社に縛られず自分らしく豊かな人生を歩むためにネットビジネスをやっています。