グーグルアドセンスの広告停止リスクを最小限に

規約に触れてしまうと報酬が受け取れなくなってしまいます。

一度広告停止になってしまうと、まだ受け取っていない報酬も消滅してしまうので、広告停止は絶対にさけたいところです。

恐ろしい広告停止ですが簡単なルールを守れば、そのリスクはほとんど無くなります

今回は規約違反で広告停止にならないようにするための方法を解説していきます。

 

アカウント停止を防ぐには

Googleの解説は読むと時間がかかってしまいますし、言葉も難しかったりするので、どのような行いが規約違反になるのかを簡単に要点を押さえて解説していきます。

 

コンテンツ(記事・文章など)が主役で広告を脇役にすること

今までは記事に3つ以上の広告を貼ってはいけないというルールだったのですが、2016年の8月ころに改定されました。

Googleが改定した新ルールは以下の通りです。

広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くなってはならないものとします。

また、コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。

そのため、ユーザーにとって価値がほとんどないページでの広告配信と広告の過度な表示は、修正が行われるまで制限または無効にされる場合があります。

つまりコンテンツ(記事内容)が主役であり、広告は脇役という構図を保つ、ということです。

この構図を保てるならば広告は3つ以上配置しても大丈夫ということになります。

逆に言えば、今までは広告3つまで大丈夫だったけど、これからは記事内容が薄ければ3つでもNGと捉えることが出来ます。

しかしどれぐらいの文章量であれば3つ以上配置しても大丈夫なのかということがハッキリ分からないので、これまで通り広告は3つまで配置するのが安全かと思います。

私は文字数1000~1500くらいを推奨しており、広告を3つ配置していますがペナルティを受けていません。

ですからこのブログを読んでくださるあなたも、それくらいを目安にしていただければ大丈夫かと思います。

 

ファーストビューで広告が画面を占領しているのはアウト

ファーストビューというのはスマホでブログ記事にアクセスした時に表示される最初の画面のことです。

ブログにアクセスしたときに、広告がファーストビュー画面を埋め尽くしているのはポリシー違反となります。

つまり広告だけが画面を占領していて、スクロールしないと文章が見えない状態はアウトだよという意味です。

ファーストビューで記事文章も見えていればOKです。

 

余談ですが、僕はファーストビューの件でグーグルに注意された経験があります

記事タイトルの下に広告を張るのが1番クリック率が高いので、ファーストビューで広告が目立つようにしていました。

レクタングル広告なので、スマホで見た時に広告がファーストビューを占領してしまうのですが、どーせバレないだろうと思って実行しました。

そしたら10分後くらいですかね?すぐにグーグルから注意されました。

以前別の件で注意されたことがあったので目をつけられているのかもしれませんが、スグに注意されたので驚きました。

 

広告の間隔が狭すぎる

広告と広告の設置間隔が狭すぎるのも規約違反となります。

例えば広告があって、わずかしかスクロールしていないのにまた広告が出てくるなど、これは狭いと判断されます。

画面内に2つの広告が同時に表示されているようだと確実に間隔が狭いと思って下さい。

 

広告クリックを誘導するような文章

広告のクリックを誘導・誘発させるような設置の仕方はいけません。

例えば広告の下に「芸能人Aの画像はこちら」と書いたりして、思わずクリックしたくなるような設置の仕方はNGです。

広告はちゃんと広告と分かるように設置しましょう。

広告の上下に1行ずつ隙間を作ると、しっかりと広告と分かるのでオススメです。

 

自分でクリックする

自分でクリックしてはいけません。

間違ってクリックしてしまうことはありますが、意図的なクリックを連発していると規約違反になる可能性があります。

ちなみに間違って自分でクリックしてしまった場合はGoogleに連絡する必要はありません。

Googleが勝手に、無効なクリックと判断してくれます。

 

アダルト要素の強い記事を書く・アダルト要素がある画像を使う

アダルト関連に関しては、かなり厳しいです。

アダルト関連の言葉を使っただけでもNGの場合もあります。

伏せ字にしても危険です。

また直接アダルト関連の言葉を使わなくても、文章がアダルトを連想させるような内容であればそれも規約違反と判断される可能性があります。

アダルト要素のある文章・画像・言葉は規約違反になりやすいと覚えておきましょう。

 

パソコンで見た時は広告が収まっているけど、スマホで見た時にはハミ出している

大きなサイズの広告(レクタングル大)を使っていると起きやすい現象です。

ブログ訪問者のスマホが大きな画面のものであればキレイに収まりますが、スマホの画面が小さいと広告がハミだしてしまいます。

この例で規約違反になった人はあまり見たことは無いですがGoogleがダメと言っているので、広告のサイズはレクタングル中を使うことをオススメします。

 

著作権で保護されている画像や動画の使用

トレンドブログ実践者で広告停止をくらう人のほとんどはコレが理由です。

トレンドブログでは画像を使っている人がたくさんいますが、Googleはコレを認めてはいません。

周りの人が画像を使っているからといって、自分も大丈夫とは限らないのです。

Googleに規約違反と判断されてしまったら、「周りも使っているのに!?」という言い訳は通用しません。

問答無用で広告停止なのです。

ですから周りのトレンドブロガー達が画像を使っていても、あなたは画像をできるだけ使わないほうが良いです。

私はトレンドブログで稼ぐために画像はほぼ不要であると考えています。

画像無しでも、記事を上位表示させて中身の濃い文章を書けば十分稼ぐことが出来ます。

ちなみにアクセスが増えてくると画像や動画に対する規約違反チェックが厳しくなると言われているので、先のことを考えると画像・動画はできるだけ使わない方がリスクを減らすことができます。

トレンドブログアフィリエイトでの画像使用はアドセンス規約に触れるので極力控えるべき!

 

 

これらのことを守ればほとんどリスクは無い

上記で解説したことはトレンドブログアフィリエイトで規約違反になりやすい項目ばかりです。

中でも特にアダルト関連と画像関連は、多数のトレンドブログ実践者が被害を受けているので気をつけましょう。

私はこれらの項目にひっかからないようにトレンドブログ運営をしていますが、広告停止になったことはありません。

ですからこの記事を読んでくださったあなたも、この項目を守ってトレンドブログ運営をすればほとんどリスクは無いと言えます。

守るべき項目は多いですが、普通にトレンドブログ運営をしていれば簡単に実践できることばかりですから、自然にできるようになっていきましょう。

トレンドブログ 究極のペナルティ対策

趣味ブログで理想の人生創りませんか? 【登録特典】『月収10万円ブログまでの歩き方』プレゼント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ツッキーです。 9年間美容師をしておりました。 良いお客様に恵まれやりがいを感じておりましたが、手取り約15万円で時間的余裕もないことに「このさきどうなるのだろう…」と恐怖感じ、脱美容師を決意。 会社に縛られず自分らしく豊かな人生を歩むためにネットビジネスをやっています。